MENU

毎回の食事に気を使うことなくたった1杯で元気に過ごせる

青汁を健康のために飲むからにはその効果はしっかりと知っておきたいはず。ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲むのであれば、特に日ごろから貧血気味だなと思う方や、血糖値が気になりだしたという方、他にはダイエットをしたいという方にオススメです。毎日無理なくできることですから、続けやすいと思います。

 

大麦若葉青汁キトサンにはどんな効果があるの?

貧血予防

酸素を運搬する役割を持つヘモグロビンを構成してくれる鉄分は、貧血で悩んでいる方にオススメの成分です。貧血に鉄分が良いということは広く知られているものの、実際に食事の中で取ろうと思うとなかなか大変。自分で食事を用意するなら食材にこだわらないといけませんし、家族が食事を作ってくれるならそれを頼まなければいけません。外食だと補えない部分もあるので、毎回注意が必要ですね。

 

でも、朝なら朝、1杯と決めて飲んでおけば後は1日中気にする必要もなくなります。特に女性の立ちくらみは多いですから、電車内で立っていなければならない時、仕事中、キッチンで作業中など、ヘモグロビンの基準値を下回らないようにして健康的に過ごせます。鉄分を多く含むと言われるほうれん草の、約8.8倍の鉄分を身体に入れることができます。

 

糖値を減少させる

血糖値が上昇しすぎると、糖尿病になってしまうこともあります。原因は、主に脂っこいものや甘いものを食べすぎてしまうこと。食生活の乱れが病気に繋がってしまうのは避けたいところです。そこで活躍するのが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁に含まれている「難消化性デキストリン」という成分です。

 

一度糖分が身体の中に入ったら、それを上手く代謝していかなくてはなりません。デキストリンは、小腸が糖を吸収する速さを抑える働きがあります。これにより、急激に血糖値が上がることはなくなり、危険が回避できます。大正製薬でも試験は行っており、食後30分の血糖値を調べる実験では血糖値の上昇が抑制されたという報告があります。

 

便通改善

他、難消化性デキストリンは、便通改善効果も持っています。水分保持力があることから、便が柔らかくなり便秘になりにくくしてくれます。さらに、難消化性デキストリンは食物繊維なので、便の量を増やす役割もあります。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁1袋に含まれる難消化性デキストリンの量は5.1gですが、一般的に1日あたり5g〜10gを摂取すれば、排便回数を増やすことができ、便の症状が良くなるという実験結果があります。毎朝、便が出なくて出かけるのが億劫であったり、便秘や下痢のせいで腹痛があるという方は青汁で改善を目指してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

ことわざに、良薬は口に苦しとあるように、私たちはどこかで苦い薬=良く効く、反対に、苦くない薬=効き目が薄いと認識している節があります。ですが、今の技術は昔とは違います。ヘルスマネージ大麦若葉青汁はおいしくて効果もある青汁です。健康のためにも効果を期待して飲み続けてみてはいかがでしょうか。

大正製薬 大麦若葉青汁キトサン


さっそく大正製薬 大麦若葉青汁キトサンを購入する!


大正製薬 大麦若葉青汁キトサンの公式サイトはこちらから